1日3回!生漢煎 防風通聖散はこう飲む!効果的な飲み方を徹底公開

MENU

1日3回!生漢煎 防風通聖散はこう飲む!効果的な飲み方を徹底公開

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

余分なお腹の脂肪を分解・燃焼・排出促進してくれる生漢煎 防風通聖散。お腹の脂肪を燃焼させる漢方薬ということで効果が期待できます。どうせ飲むんだから最大限の効果的な飲み方をしたいと思うのが痩せたい人の本音ですよね。生漢煎 防風通聖散をどうやって飲んだらいいの?という疑問をこの文章を読んでいただければ一発で解消できます。今回は、生漢煎 防風通聖散の効果的な飲み方を徹底公開します。

 

まずは公式サイトを見てみる

>>生漢煎 防風通聖散の楽天・amazon・公式の最安値比較をチェック!

 

 

生漢煎 防風通聖散は1日3回飲むだけ!

 

まずは生漢煎 防風通聖散の飲み方をおさらいしましょう。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

【用法・用量】次の量を1日3回朝昼夕、食前又は食間にそのまま水かお湯にて服用する
成人(15歳以上)・・・1回1包  15歳未満・・・服用しないこと
<用法・用量に関連する注意>用法・容量を厳守すること
※食間とは食事と食事の間を意味し、食後約2~3時間のことを言います。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

ということです。難しい言葉も出てきたので分かりやすく説明しますね。

 

  • 1回につき1包を1日3回飲む
  • 食前または食間に飲む
  • 水かお湯にて飲む

 

ということになります。
1日3回の食事の前に飲めば問題なさそうですね。

 

生漢煎 防風通聖散を飲むタイミングについて

 

ここで気になるのが食間という聞きなれない言葉ですね。食前というのは食事の前ってことで分かりやすいですが、食間というのはどういうことなのでしょうか?

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

食間というのは食事と食事の間という意味です。食事が終わって2~3時間たった後のことをいいます。この状態だと食事で食べたものが胃で消化されているので胃に食べ物が残っていないという状態です。

 

食前も胃に食事が残っていない状態、食間も胃に食事が残っていない状態ということで、このときに生漢煎 防風通聖散を飲むんです。普通、病院で出されるお薬というのは食事の後に飲むことが多いですね。

 

西洋医学のお薬は食後なんですが、漢方薬は通常、食前や食間に飲む決まりがあります。生漢煎 防風通聖散も漢方薬の一種なので食後ではなくて食前や食間に飲むことになります。

 

生漢煎 防風通聖散は1日にたくさん飲んだほうがいい?

 

生漢煎 防風通聖散は飲んで基礎代謝をアップさせる脂肪燃焼系の漢方薬です。それなら1日に飲む量を2倍とかに増やすと効き目が上がっちゃうんじゃないかって期待しちゃいますね。実際にどうなんでしょうか?

 

 

こんにちは。この前、生漢煎 防風通聖散を購入したものです。


 

 

ご利用ありがとうございます。


 

 

生漢煎 防風通聖散の1日に飲む量なんですが、2倍とか飲んだから効果がアップしちゃうとかありますか?


 

 

生漢煎 防風通聖散は満量処方ですので用法・用量を守って飲んでいただくほうがよろしいです。1日に飲む量は3包。これ以上増やさずにお飲みください。


 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

ここで満量処方って言う聞きなれない言葉が出てきました。満量処方って言うのはカンタンに言うと漢方より得られたエキスを全量配合しているってことです。漢方薬の処方は、料理のレシピのように一日の生薬の配合バランスが決められています。

 

1日分を丸々使っている漢方薬が満量処方と言われるもの。それに対して1/2処方と呼ばれるものもあります。1/2処方は漢方薬の量が半分ということです。

 

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

生漢煎 防風通聖散は原生薬27.1gより得た防風通聖散エキスを全量(最大量)配合しているものです。だから多く飲めばよいというものではなくて1日量をしっかり守って飲むことが大切です。

 

多く飲みすぎると副作用の危険性もあるので気を付けましょう。

 

 

生漢煎 防風通聖散の効果的飲み方はお湯に溶かすのがいい

 

生漢煎 防風通聖散を飲むときにパッケージにはそのまま水かお湯で飲むとよいと書かれていました。忙しい現代人はサプリメントを飲むように水かお湯で流し込むのが手っ取り早いかもしれません。しかしこの飲み方では漢方薬の効果を十分に発揮することはできないんです。

 

生漢煎 防風通聖散は漢方薬です。そのため漢方薬局で教えてもらった効果を最大限に発揮する飲み方を公開しちゃいます。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

それは「生漢煎 防風通聖散をお湯に溶かして飲む」です。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方 生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

漢方薬というのは元々草や木などの植物を乾燥させたものをお湯で煎じて飲んだものです。お湯でグラグラと煮て植物のエキスを煮出していたんですね。それを飲むことで薬効があるんです。

 

今は便利な時代になって漢方が凝縮エキスの形で販売されています。でも顆粒の状態で飲むよりも煎じた状態に近いものを飲んだほうがベター。体内での吸収率は顆粒をお湯に溶かして飲んだものがいいそうです。そこで漢方薬局の薬剤師さんたちは漢方エキスにお湯を入れてすべて溶かした状態で飲むことをおすすめしています。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

私も実際にお湯に溶かして飲んでみました。体があったまるような気がするし、飲んだ時に食道を通って胃の中にしみる感じがいいなって思います。

 

少し手間がかかるので面倒な感じがしますが、この毎回の手間で効果が変わってくるならば!と思って飲んでいますよ。

 

 

生漢煎 防風通聖散の効果的な飲み方まとめ

 

いかがでしたか。今回は生漢煎 防風通聖散の効果的な飲み方をご紹介しました。これで生漢煎 防風通聖散をどうやって飲んだらいいのかという疑問が解決されましたね。ご参考になさってください。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

>>ここからは購入にあたって損をしたくない方だけご覧ください。<<

 

 

今、生漢煎 防風通聖散はキャンペーン実施中です。公式通販サイト(オンラインショップ)より購入すると1箱7,800円のところ初回限定、半額の3,900円で購入できます。定期コースなら2回目以降も割引がきくのでお得です。初回解約OK!しかも毎回送料無料。

 

生漢煎 防風通聖散 飲み方

 

このキャンペーンはいつ終了するかわかりません。数量限定のキャンペーンのため、早い者勝ちです。本当にお腹の脂肪を減らしたいアナタにおすすめです。ぜひこの機会にお試しください。

 

 

今がチャンス!期間限定の特別キャンペーン実施中!

7,800円が半額の3,900円!

生漢煎 防風通聖散でダイエットしてみる!